下にスクロールさせてご覧下さい。予告無しに意匠が変わることがあります。
尚、生菓子類の発送は致しかねますのでご了承下さいませ。

 

11月21日から11月26日まで

酒の酔 250円

秋色女の句「井戸端の 桜あぶなし 酒の酔」にちなんだ酒饅頭です。生地の水分に鶴齢を使用しております。今年は期間限定にて地元港区芝が誇る東京港醸造の地酒”江戸開城”の酒粕を使用しております。どうぞご賞味下さいませ。

栗むし羊羹 350円 ※12/3にて販売終了

国産栗と自家製餡の風味を存分に楽しめる栗むしようかんです。食い口にこだわり真空パックにせず仕上げてあるためお日持ちは短いですが、一度にお作りできる数に限りがございます。是非一度ご賞味下さいませ。

粒栗大福 350円 ※12月上旬終了予定

国産栗をまるごと一粒包んだお大福。大福豆と大手亡豆を独自配合して自家製餡したしろあんで栗の風味をひきたてるようにしてございます。無添加のためお日持ちは当日中です。

霜 月 400円

【11月限定】小豆練り切りに新引粉をお砂糖を岡混ぜし、見た目も食い口も霜が降りた様子を現しました。

高尾錦 400円 

白ねりきりでこしあんを包んでございます。アレルギーフリー。

菊の香 400円

小豆こしあんのねりきりで黄身あんを包んでございます。

   


君時雨 350円

北海道産大手亡豆と大福豆から作りました白餡と、群馬県角田養鶏場で放し飼いされている地鶏の卵の卵黄だけを練りこんで作った黄身餡を蒸したきみしぐれです。

当店自慢の人気商品のひとつです。

織部饅頭 350円

当店十七代が考案しました織部饅頭の元祖です。大和芋の生地に織部焼の釉薬の垂れる様を独自の方法であらわしたものでございます。「しくっ」と音立てて割れる皮は当店の上用饅頭の特徴です。自家製餡したこしあんを包みました。

古くからある人気商品のひとつです。 動画はこちらをご覧下さい。

若 草 350円

北海道産小豆から自家製餡して作りましたこしあんを求肥で包み、外側に特製の柚子そぼろを付けました。もっちりとした食感と柚子の風味がたまらない逸品です。

虎豆鹿の子 350円

さいころ状の羊羹を芯にこしあんを丸め、蜜漬けの虎豆をまとわせました。おしまいに錦玉液を一刷けぬり、艶良く仕上げたものです。虎豆独自の風味がたまりません。

和糖饅頭 250円

和三盆糖の原料となるサトウキビから出来る和糖という蜜を皮に使用し、黒糖のこしあんを包みました。しっかりとしたコクのあるお味です。